名入れのグッズを作ろう|ノベルティグッズに最適

印刷するポイントを把握

カレンダー

インクや印刷方法で違う

名入れカレンダーを作る場合、顧客が欲しがる大きさやカラーを考えて印刷し、配布することが重要といわれています。卓上カレンダーをはじめとした、多様性のあるサイズとカラーバリエーションは、企業のイメージや顧客のニーズに応じて作るため、印刷方法もそれぞれに見合った方法が使用されます。シンプルな文字だけの場合、印刷するカラーは2色あるいは4色で済むため、低価格で機能的な名入れカレンダーを作ることが可能です。基本的にカレンダー専用の印刷機を使用して名入れカレンダーを作ることが少なくありませんが、卓上の場合は通常の印刷機を使うことが多いといいます。名入れカレンダーの場合、壁掛けの場合に取られる方法としては箔押し印刷と、シルク印刷に分かれているのが特徴です。箔押しとは印鑑のように専用の凸版を作って作られる為、文字に高級感が出るといいますが、小さすぎる文字はつぶれる可能性もあるため注意しましょう。対してシルク印刷はきれいに発色され素材を選ばず印刷できる効果がありますが、大量にすると文字がつぶれる可能性は高いです。それぞれのメリット・デメリットを理解して利用することが、自社のイメージに沿う名入れカレンダーを作るポイントといえます。また、一部印刷業者の中には、レーザープリンターを使うオンデマンド印刷や、顔料インクを使うオフセット印刷を使うところもあります。少量の印刷部数に限られる為、少量だけを印刷したい場合には役立つ方法として、オリジナルにこだわる人に最適です。