名入れのグッズを作ろう|ノベルティグッズに最適

印刷するポイントを把握

名入れカレンダーは印刷方法によって発色やイメージが大きく異なるため、あらかじめ確認してから製作しましょう。印刷方法は多岐にわたっていますが、平均的には箔押しやシルク印刷が一般的ですが、少量ではオンデマンドやオフセットも使用されます。

既製品を選択して発注

ノベルティ

全部任せることも可能

ノベルティやプレミアムなどを作成したり、記念品を準備したりするときには名入れをしたグッズを用意することになるでしょう。基本的な作成方法として定着しているのが、ノベルティグッズや粗品などを扱っている専門業者に依頼して既製品に名入れをしてもらうという方法です。専門業者では幅広いグッズを取り扱っているのが特徴であり、文房具や日用品だけでなく食料品などまで扱っている業者があります。それぞれのカテゴリーでも多様な既製品を扱っていて名入れスペースが確保されていることからどれを選んでも見栄えのする名入れグッズを手に入れることができるでしょう。基本的にはその豊富なラインナップの中から既製品を選び出し、ロゴマークや文字などのデザインを入稿して名入れをしてもらうことになります。グッズの種類によって何種類かのプリント方法から選ぶことができるようになっていて、業者によっても取り扱っている方法が異なっているでしょう。プリント方法によって費用も異なりますが、基本的なものは無料とされているのが一般的です。プリント方法も決めたら発注数を決めて情報を送ると、サンプルと納期について提案してくれて納得できたら正式発注という流れになります。名入れに関しては簡単なものであれば全て任せてしまうこともできます。使用したいロゴマークや文字、キャッチコピー等を伝えるだけで、既製品の名入れスペースに合わせてデザインしたものを提案してくれる業者もあるからです。

簡単で便利な発注方法

名刺のWEB発注は、デザインが豊富に用意されていますので、その中から好みのデザインを選び、入力フォームに社名や住所、電話番号等を入力し、画面上で仕上がりを確認して発注ボタンをクリックするだけです。従って、パソコンやインターネットが苦手な人でも、十分に可能です。